TATERU FUNDINGから第4号ファンド第1回財産管理報告書を受領いたしました

f:id:hapwish:20170819213813j:plain

 

株式会社インベスターズクラウドが運営する1口1万円からの不動産投資クラウドファンディングを銘打つTATERU FUNDINGから第4号ファンドにおける第1期財産管理報告書を受領いたしました。

このTATERU FUNDINGですが、こうした報告書を含め、初回購入時の手続きに関するDVDや資料送付、メールでの勧誘等も含めて非常に好感が持てるクラウドファンディングです。

このTATERU FUNDINGが他のソーシャルレンディングサービスと変わっているところは、投資家の我々がひとつの物件の収益分配を受けるまでの透明性が非常に高いことです。

 

もうすこし詳しく書きますと、一般的なソーシャルレンディングサービスでは匿名投資組合に出資することでファンドの出資持分に対して、資金需要者の返済および負担する利息等を受け取ることが出来る仕組みになっています。

この際に実際の資金需要者を把握することはできませんので、あくまでソーシャルレンディング業者やその先の資金需要者、スキームによってはソーシャルレンディング業者の先のグループ会社や海外の提携先を信用することで成り立っています。

しかしながら、このTATERU FUNDINGでは特定の物件に対する利益分配をその出資持分に対して受けることができるのです。

 

一見、その物件に資金を提供することで収益を得ているわけですから、その物件の不動産オーナーとしての権利があるようにも思いますが、物件の所有権は持っていません。あくまでその物件から生まれる収益に関して分配を受ける権利を持っているというだけになります。

このスキームではある限定された物件の収益リスク(空室リスク)を直接的に出資者が負うことになりますが、TATERU FUNDINGでは比較的新しい物件を投資家に提供すことで空室リスクを下げていると思われます。

また、クラウドファンディングによる出資者はこの物件から生まれる利益に関して優先的に分配を受ける権利を持っていますので、空室率が上昇した場合であっても、分配において劣後する株式会社インベスターズクラウド社から損失が発生する用になっています。

 

これらの特徴があるTATERU FUNDINGはソーシャルレンディングの中でもかなり異色の存在です。またこうした報告書は一般的にWeb上のPDFとして提供されることがほとんどですが、書面で提供してくれるところも興味深いです。

不動産関係の投資が多いソーシャルレンディングですが、こうして投資家が投資先の状態をしっかり把握できるというのは安心です。これからもこの事業が拡大することを期待しています。