読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソーシャルレンディングでよく見かける「ノンリコースローン(責任財産限定特約付貸付)」とはなんだろう?

ノンリコースローンとは融資に伴う求償権の範囲を特定の担保に限定するローンである

ソーシャルレンディングにおいて様々な商品が取り扱われていますが、中でも普通の金融商品では見かけないが、ソーシャルレンディングにおいてはよく見かける商品にノンリコースローンがあります。

普通のローンでは、もし返済できなくなった場合、つまりローンの返済が滞ってしまった場合は、担保となっている不動産を競売にかけるなどして残債を返済し、それでも足りない場合も残りの弁済義務が発生します。

しかし、このノンリコースローンでは借り手が、万が一返済できなくなった場合でも担保となっている不動産や債権(他にも、借入人が返済する元利返済金や物的な資産)を競売にかけて、残債を返済する以上の義務を負いません。

つまり私達投資家にとっては返済が滞った場合の回収可能性は低く、リスクの高い投資案件ということになります。その分利息は通常の貸付金やローンよりも高めに設定されているのです。

不動産のノンリコースローンでもちゃんと審査できるのは都市銀行など大手金融機関のみ

 リスクが高いということはリスクコントロールするのがとても難しいということです。そのためにこうしたノンリコースローンを組成できる金融機関は非常に高度なリスク分析を伴うことからあまり多くありません。

不動産取引はそれ自体に専門資格があるように非常に専門性の高い分野ですが、公開された情報も多く、ノンリコースローンの対象となる不動産投資物件の収益の算定等も可能です。しかしながら、例えば消費者金融などの個人向けの貸付金から得られる返済金を対象としたノンリコースローンを正しく評価することはできるのでしょうか。

海外では上のような個人向けの貸付金に対するレンディングや棚卸資産を担保としたレンディングが行われていますが、そこから生まれる収益を貸付金の担保として取るために妥当な価格で査定することは非常に難しいことです。

ソーシャルレンディング業者だからこそ取り扱えるハイリスクハイリターン商品を見極めよう

これまで述べてきたようにノンリコースローンはある程度のリスクを伴う金融商品です。投資家としては投資した金額プラス利息のリターンを期待しますが、どのソーシャルレンディング業者も契約締結時に元本を保証していません。

プロでも難しい金融商品に投資家として手を出すのはかなりのリスクを背負っていることになります。これはソーシャルレンディング業者にとっても同じことで、ノンリコースローンというリスクを負うことでようやく会社に利益が残るマージンを得ることが可能になるのです。

一般的な金融機関の出しているローン案件はほとんどの場合回収が見込まれています。その分金利は非常に低く、マージンを取ることは困難です。

しかしながら、ソーシャルレンディングで扱う案件のように十分な返済可能性を予見できない資金需要者に対して、リスクの高いスキームで貸付を行うことで高い金利を上乗せすることが可能になります。

小規模のレンディング業者にとってはこのようなハイリスクハイリターン案件をいかに多くの投資家に正しく理解してもらい、そして賛同の上、投資してもらうかが今後のソーシャルレンディング業界の行末を左右しています。

古くから投資詐欺事件や投資家に確実に不利な金融商品は販売されてきましたが、ソーシャルレンディングも同じ類に陥ってしまうのか、公正な監査等をを受けて業務運営を行い、投資家の理解を得られる金融商品になるのか。

私はこうした新しい金融に非常に期待していますし、一方で行末を注意深く見守って行きたいと思っています。