読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単身世帯の私も初めてのふるさと納税をしました|茨城県古河市へふるさと納税

ふるさと納税をしてみました

ふるさと納税はお得という話は聞いてはいたのですが初めてやってみました。

今回はお得とかあまり考えずに欲しいものを提供してくれる自治体に寄付しました。

というのもコーヒーメーカーが欲しくてどうせならふるさと納税で良いのがないかと思っていたらなんとあるではないですか。HARIOのコーヒーメーカーです。

item.rakuten.co.jp

アマゾンで購入した場合7500円程度の商品です。

HARIO (ハリオ) V60 オリーブ スタンド セット VSS-1206-OV

HARIO (ハリオ) V60 オリーブ スタンド セット VSS-1206-OV

 

 

なぜふるさと納税がオトクなのか?

例えば今回であればHARIOのコーヒーメーカーの価値が7500円だとします。

この品物を手に入れるために茨城県古河市に2万円の寄付が必要です。

単純に考えればこの差額である12500円は損であるような気がします。

しかし、この2万円は確定申告で「寄附金」として申告することができます。

そうすることで18000円の税金が戻ってきます。

つまりは、実質的に2000円の負担で7500円の品物がもらえるということになります。

 

ふるさと納税にはカードも使えて楽天ポイントも使えて貯まる

今回は楽天の運営するふるさと納税サイトから納税しました。

event.rakuten.co.jp

 たまたま楽天カードがあったこととそれに伴うポイントが貯まっていたからです。

どの自治体への寄附のお申込みにもクレジットカードが使える点、

そして寄付の分の楽天ポイントがまた貯まるという点も非常に魅力です。

楽天カードはポイント還元率が高く、人気のあるカードですが、

ふるさと納税カードとしても使えますね。これで節税もできて一挙両得です。

医療費控除等、確定申告が必要な人以外はワンストップ特例を!

確定申告の不要な給与所得者等で、1年間の寄附先が5自治体までの場合、

確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄附金控除を受けられます。

この制度を利用した場合、控除額のすべてが翌年度の住民税から控除されます。

www.furusato-tax.jp

サラリーマンで他の控除等を活用しない場合はこれが一番ラクです。

とはいっても確定申告も1時間ほどでできる簡単な作業で可能です。

 

一人暮らしや共働き家庭ほど活用すべし

総務省のサイトを見てみるとわかりますが、扶養家族が多い場合、

既に税制上の優遇を受けているためにふるさと納税での控除額が低めに抑えられてしまいます。

逆に単身世帯であれば年収375万円と仮定すると、最大で38000円分が控除されます。

www.soumu.go.jp

これは使わなければ損ですね。

貢献したい自治体があれば寄付するのもよし、欲しいものを提供する自治体もよし、

いろんな理由はありますが、どんな人でもお得なのがこのふるさと納税です。

 

ふるさと納税のデメリットというのも少しあります

デメリットとすれば一時的に支払いが発生することです。

所得税の還付金が振り込まれるのは確定申告の1,2ヶ月後ですし、

納税額の90%は翌年度の住民税の控除になります。

つまり、ほとんどの寄付額は来年以降の住民税の控除として使われるわけです。

日々の暮らしに困っている人にとってはちょっと苦しいかもしれません。

 

それでも、サラリーマンであれば年2万円程度であれば工面できるかと思います。

長い目で見て少しでもお得に暮らせるといいですね。